趣味

2018年11月30日 (金)

フィッシャー クラッチ レビュー

ウェブのどこを探してもこのペンのレビューがなかったので書こうと思います。

Dsc_0003_00003

これがフィッシャーの「クラッチ」というボールペンです。

油田や製油所で働く人のために作られた、という能書きですね。

Dsc_0001_00001

Dsc_0002_00002

このような見た目ですね。

ごつくて少し重いです。

重いとは言え、常識の範囲内というかわたしは気に入りました。

フィッシャーのボールペンは本体が細い物が多いですよね。

そうすると、粘度の高いフィッシャーのリフィルは粘っこくて書きづらいと感じる人もいるでしょう。

ですが、このクラッチは太軸のため、非常になめらかにフィッシャーのリフィルを使うことが出来ます。

かけることのできる力が大きくて、余裕に、疲れることなく書けます。

初期装填のF(細字)でさえです。

Dsc_0004_00004

強いクリップで落とすことがない、という能書きですが、確かに強いクリップです。

ですが、ごつすぎない、言ってみれば柔軟ささえあるとても扱いやすいクリップです。

Dsc_0005_00005

そして、持ち手ことグリップ部分です。

ここは柔らかさは一切ありません。

ですが、手になじみます。

この角が切られているところが指を圧迫する(痛い)のではと思われるかもしれませんが、この角の角度がちょうどよく、また面の大きさもよく考えられているので手にフィットします。

とても快適な書き心地です。

Dsc_0006_00006

どこにも説明がないと思ったので書いておきたいのですが、クラッチのリフィル交換は首部を外して行います。

アストロノートシリーズのように胴体をねじることは出来ません。

他に外れる物もありません。

そして、わたしが意外に思ったのはノック部分です。

フィッシャーのアストロノート系のペンは、ノックすると「シャキッ」という感じで機械的でかなり雑な音とともに筆記状態になります。

ですがクラッチはとてもなめらかなノックです。

ノックは硬すぎるわけでもやわらかすぎるわけでもありません。

このペンの一番意外な要素でした。

いい意味でフィッシャーらしくないと思いました。

Dsc_0007_00007

このように正面にわかりやすくスペースペンの刻印が入っています。

このペンの唯一の欠点を言うならば、書くときにリフィルがカチカチと音を立てることでしょうか。

それ以外は、完成度の高い、使いやすくて丈夫なペンだと思います。

ですがわたしはもとからフィッシャーのペンが好きですので、こういうなんとなくある雑さみたいなものは味わいだと思います。

もとより「油田や製油所」とのことなので、音がした方が書いているということが音響的にも理解できるかもしれません。

わたしはこのペンが大変気に入りました。

フィッシャーの粘度のあるリフィルがどうにかならないかと思っていたのですが、こういう太軸のペンを作ってくれたことによって、解決したかと思います。

もともと無重力での使用を想定して設計されたリフィルですから、非常に信頼性が高いと言えます。

さらに地球上では酷暑、極寒、水中、上向き筆記などほぼすべての局面に対応できるでしょう。

以前、wikiで「このペンの能力を有するペンは他にある」という文を読みましたが、これらすべてを両立するリフィルは他に存在しません。

太軸で、剛性の強いアルミを使った軸をラインナップしたことで、またフィッシャーは新たな段階に入ったと言えるでしょう。



| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

発見!! The Master piece

今回、ひさしぶりに感激する筆記具を購入したのでご紹介します。

鉛筆削り、The Masterpiece です。

さて、いきなりですが濃い話に入りたいと思います。

わたしは鉛筆は削ったときに木の部分と芯の部分が長いのが好みです。

持ち運べる小型タイプほどこの削り先が短い傾向にある気がしていました。

では、わたしが達したひとつの結果を以下の写真とともにご説明しましょう。

1枚目の写真からです。

一番上が、The Masterpieceで削ったものです。

すさまじく長い、最高のできあがりです。

ほれぼれします。

真ん中は、デビカのAXIS削りです。

デビカのAXIS削りは電動鉛筆削りです。

一番下はカール事務器のエンゼル5プレミアムです。

もちろん、3本ともに一番とがらせた状態です。これ以上回りませんし、削れません。

Dsc_0025_00001

2枚目は、The MasterpieceとDUXの4112削りで削ったもの。

DUXは極端に短く、わたしは鉛筆がよっぽど短くなったときにしか使いません。

申し訳ないことに、このハイユニは尖っていません。

ただ、尖った状態でどうなるかは芯が見えていますから想像していただけると思います。

円錐をそのまま伸ばした状態を想像すればいいのです。

Dsc_0029_00001

というわけで、とてつもなくニッチな情報になってしまいましたが、もし鉛筆が好きな方で手削りの芯先が長く削れるものをお探しの方がいらっしゃったら、The Masterpiece一択でしょうね。

Dsc_0005_00001

Dsc_0007_00001

Dsc_0009_00001

Dsc_0010_00001

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

T-4発着訓練展示

8月の23日、24日、25にちに行われた浜松基地発着訓練展示の様子です。

Dsc_0083_00001

私が行ったのは24日の管制官の方がいる日でした。

無線の様子を解説しながらの展示飛行です。

Dsc_0219_00001

ローアプローチのサービスもありました。

Dsc_0288_00001

背中も。

Dsc_0114_00001

展示をしたのは第32教育飛行隊です。

Dsc_0109_00001

ここは広報館前のエプロン。

ここまでわざわざ機体が来てくれます。

Dsc_0101_00001

こんな感じで。

のどかですねぇ。

救難飛行隊の方々もちょうどサウスタクシーをしてから上がっていってくれました。

Dsc_0294_00001

それにしても、T-4は静かですねえ。

この前聞いたF-15のエンジン音はすごかったです。

しばらく耳鳴りが続いたので……。

写真も撮れたし、血中ヒコーキ濃度が補充されました。

続きを読む "T-4発着訓練展示"

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

浜名湖ガーデンパーク

散歩に行ってきました。

Dsc_0014_r

花に詳しくないので写真ばっかり載っけます。

Dsc_0030_r

Dsc_0032_r

Dsc_0036_r

Dsc_0041_r

Dsc_0042_r

Dsc_0052_r

Dsc_0057_r

Dsc_0059_r

Dsc_0062_r

えー、わたしは花の名前がわからないのでなんとも言えないのですが、全般的にコスモスが見頃でした。

その他、花の美術館(旧モネの庭)も、寒くなりつつもきれいに花が咲いていましたね。

さすがに、もう見頃は終わってしまったでしょうか。

冬は結構寒くなりそうですよ。散歩にはいいのですが……。

| | コメント (0)

2016年10月14日 (金)

浜松基地航空祭予行2016

10月4日

T-4 10機による航空祭予行練習が行われました。

その時の写真です。

Dsc_0004_2

自宅から撮ったのですが、スイスイと南の方を飛んでいきました。

風向きのせいかエンジン音が全くせず、まるでメダカが仲良く泳いでいるようでした。

IC-R6で内容を聞いていたこともあり、楽しかったですね。

とても臨場感がありました。

続きを読む "浜松基地航空祭予行2016"

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

浜松基地

レシーバーIC-R6を持って行ってみました。

結果、ものすごくいい!

これは便利です。

Dsc_00862_r

写真もとりあえずいいのが撮れました。

柵がなければいいのになぁ、なんて無理なことも思いましたが……。

これは着陸したシーンです。

尾翼のちょっと前にエアブレーキが立っているのがわかりますか?

これはT-4の特徴です。

この機体はドロップタンクを3つフルでつけていますが、どうしてだったんでしょうねぇ。

楽しい午後でした。

続きを読む "浜松基地"

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

IC-R6

アイコム社のワイドバンドレシーバー、IC-R6を購入しました。

エアバンドを主に聞いていて、ときどきラジオを聞いています。

エアバンドは大変楽しい。これほど面白いとは思いませんでした。ラジオの方も入りはずいぶんといいです。

以前、SONYのポケットラジオを使っていました。1万円と少ししたと思います。これは酷使していて、5年ほど使ったところで寿命が来てしまったようです。電池も問題ないし、電波も問題なく入っているのですが、途切れ途切れにしか音声が出なくなりました。

IC-R6はAmazonで購入したのですが、価格は2万円弱するものの、機能はポケットラジオとは桁違いです。電池の持ちもよいですし、受信できる帯も非常に広い。充電式の電池も使えるし、普通の単3電池も使えます。

これは正直言って、大手メーカーのポケットラジオを買うよりはIC-R6のようなワイドバンドレシーバーを買った方がいいです。

ひとつだけ難点をいうとすると、ちょっとだけ操作が複雑ですね。それを差し置いても、ワイドバンドレシーバーは有用なツールと言えるでしょう。

続きを読む "IC-R6"

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

BUNGBOX SAPPHIRE ブングボックス 初恋 インク

ブングボックスさんでインクを買ってきました。

人気の高い「初恋」です。
ペンマンインクのサファイアを再現されたとのことです。

Dsc_0034_00001_r

写真がちょっとうまくないですね。

ご安心を。

サンプルフォトなので。

Dsc_0035_00002_r

スキャンした画像があります。

これです。

600dpi

Bungbox_r

ペンはプロフィット4519・クロスコンコルドエンペラー。

一本で書いています。

歌詞はエースコンバット6より、「A Brand New Day」です。

このインクにまつわるペンの開発の経緯を見てきたので、思い入れがあります。

売れ筋も納得の色です。

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

カスタム74 MS その後

――調整に出しました。

書き出しかすれなどはかなり良くなり、満足です。
今回は年末ということでしたが、2週間と少しでした。
年末は万年筆の修理依頼が増えるようです。
なんでも、去年の年賀状に使ったペンをそのままにしてしまい、インクが詰まって書けなくなってしまった、という修理依頼が増える「らしい」です。
では、写真を。

Dsc_0098_r

この写真は正面からですが、上から見ると右側のエッジが少し削られているように見えました。

使い込みますよ! 

| | コメント (0)

2015年12月 9日 (水)

松脂 クラリティ

いろいろあって、松脂を新たに買うことにしました。

これです。

Dsc_00462

クラリティという松脂です。

まだ少ししか使っていませんが、ややなめらかな感じですね。

わたしはミラン・ダークとベルナルデルを持っているのですが、クラリティはその中間のような使い心地です。

まだ使っていない松脂は、まるでアメのようにきれいですよね。

これから使っていくことになると思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧