« 考察の1日 | トップページ | 電話という襲撃 »

2019年8月22日 (木)

黒板

学校にいたとき、黒板とチョークなんて当たり前すぎてなんとも思いませんでした。

大人になってからチョークというものを持つと、なにやら不思議な気持ちがします。

それに、黒板にチョークで書かれた文字というのは不思議な味わいを感じるのです。

それが学校の懐かしさから来るのか、黒板とチョークが持っている魅力なのかは不明です。

粉が舞うのが難点ですが、それを気にせずに済めば相当に魅力的な筆記具だと思います。

|

« 考察の1日 | トップページ | 電話という襲撃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考察の1日 | トップページ | 電話という襲撃 »