« 自分のふれたことのない音楽に触れる | トップページ | 整理整頓 »

2019年8月 5日 (月)

魚を殺したことはあるか

これはどちらかというと食育のお話なのですが、皆さん、食べ物の命を奪ったことあります?

ウシやブタを殺して食う、というのは直接的には難しいです。

技術もありますし、知識も必要です。

それからたぶん、法律も絡んでくるでしょう。

ならば、身近なところでお魚。

なぜ、「殺して」というところにこだわるかと言えば、最近のテレビや、若者たちを見ていると「命をいただいている」という感覚が希薄だと思うからです。

たとえば、グルメ番組では延々とおいしい「お肉」やらのことを騒ぎ立てますよね。

「これはなんと、○○牛のA5ランクのお肉なんです!」

「わあ、おいしそうですねえ」

どれだけ野蛮なんだと思ってしまいます。

彼らがおいしそうだと言っているのは、お肉です。

肉というのは動物の命を絶って切り取った固まりです。

そういう認識があって、わあおいしそう、なんて軽々言えるものでしょうか。

価値観が変わる経験、それは実際に殺して食べてみることではないかと個人的には思います。

身近でそう思ったのが、魚だったのです。

生きている魚に包丁を入れて、ピチピチ動いていた彼らが事切れる感触というものを、一度感じた方がいい。

我々は、命を食べて生きているんです。

これが、食育じゃないですかね。

もちろん、肉をおいしそうと言うのが野蛮なのではありません。

だけれど、その前提としての大切なことを忘れていないだろうかと、そう思うわけです。

|

« 自分のふれたことのない音楽に触れる | トップページ | 整理整頓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まな板の上のコイ…?
じゃなくて、
魚に包丁を差し込んだとき、
ブルブルッとなるときの感触。
知っている人ばかりじゃないよね。

投稿: ひでちゃん | 2019年8月10日 (土) 07時48分

>ひでちゃんさん
>
>まな板の上のコイ…?
>じゃなくて、
>魚に包丁を差し込んだとき、
>ブルブルッとなるときの感触。
>知っている人ばかりじゃないよね。

久しぶりのコメントありがとうございます。
読んでくださっているのが嬉しいです。
こうやって書いているというのは、広大な平原へワーワー叫んでいるようなもので、こだまもなく返事をしてくれる生き物も少ないのです。

投稿: 管理人 | 2019年8月14日 (水) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分のふれたことのない音楽に触れる | トップページ | 整理整頓 »