« デスクペン | トップページ | グレイ・ゾーンの恩恵 »

2019年7月20日 (土)

投書の性質

新聞であったり、雑誌であったり、投書して自分の意見や作品を公開することができます。

しかし、投書しても載るかどうかはわかりません。

当然ながら、その出版社の意向が反映されるわけです。

つまり、もしもその投書が出版社にとってあまり都合がよくないなら、どれだけ鋭く批評できていても載らないこともあるわけです。

すなわち、投書というのは「読者の投稿」という言葉を借りた出版社の主張、と言い替えることもできるでしょう。

これは、投書する側にとっては残念ですが、出版する側にとっては会社の生命がかかっていますから、仕方ないとも言えます。

それでも、投書する意味はあるでしょう。

自分の書いた文が誰かに読まれるというのは重要な経験ですし、それが載って出版されれば、喜びも大きいからです。

こういったことも、考えつつ、文を練ると、だんだんと目的に沿った文が書けるようになります。

|

« デスクペン | トップページ | グレイ・ゾーンの恩恵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デスクペン | トップページ | グレイ・ゾーンの恩恵 »