« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月30日 (火)

ひとりの監督に集中してみる

そんな大げさな話ではないのですが、とある監督の映画を集中的に見ています。

わたし自身は少しも体系的ではいのです。

そんな中で感じたのは、CGの進歩でしょうか。

映画1作品ごとにどんどんきれいになっていくのが分かります。

デジタルペイントの技術は本当にすさまじい早さです。

こういったのを見てしまうと、ジブリなどの手書きで頑張っていたところが「古典」になってしまうのを感じます。

それぞれに良さがあるのですが、時代は変わっていくようです。

この監督が、これからどんな映画を作ってくれるのか楽しみです。

同時に、ちょっと寂しくもあります。

ジブリの日々よさようなら、という感じです。

おっと、ひとりに集中していたらジブリの話になってしまいました。

この監督は、明らかにこれからを引っ張る1人でしょう。

注目しています。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

工房へ行きたい

弦楽器の工房へ行ってみたいのですが、わたしの住んでいる街にはないんです。

東京へ行けばいくらでもあるでしょうが、それだけのために新幹線へ乗るかといえば、迷うところです。

しかしながら、自分のレベルアップを考えるのなら、やはり工房のお世話になるしかありません。

ここは、一歩踏み出すときかもしれない、そう思ってもいます。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

グレイ・ゾーンの恩恵

YouTubeには、違法アップロードされた動画が沢山あります。

この行為を肯定するわけではありません。

今のところ、これらを聞くことに関してはグレーゾーンです。

これらをダウンロードすると違法になるわけです。

しかしながら、これら動画たちは素晴らしい価値を持っています。

わたしも、YouTubeでなければふれることがなかったであろう動画を沢山見ました。

それは昔放送されたテレビ番組であったり、なにかの特集であったりしたのですが、もしYouTubeで流れていなかったら、見ることができたでしょうか?

それらの存在すら、知ることはなかったでしょう。

これらが合法に、すなわち著作権者へ対価の支払われる方法で視聴できるのがベストですが、できるでしょうか。

とにかく、このように沢山の宝の山がまだ眠っているはずです。

そういった物を倉庫に眠らせるのはもったいなさ過ぎます。

違法アップロードを肯定することはできませんが、画像の価値は否定できません。

どうにか、これら動画や画像、音楽が後世の人びと、子どもたち、知りたいと願う人へ届くことを祈ります。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

投書の性質

新聞であったり、雑誌であったり、投書して自分の意見や作品を公開することができます。

しかし、投書しても載るかどうかはわかりません。

当然ながら、その出版社の意向が反映されるわけです。

つまり、もしもその投書が出版社にとってあまり都合がよくないなら、どれだけ鋭く批評できていても載らないこともあるわけです。

すなわち、投書というのは「読者の投稿」という言葉を借りた出版社の主張、と言い替えることもできるでしょう。

これは、投書する側にとっては残念ですが、出版する側にとっては会社の生命がかかっていますから、仕方ないとも言えます。

それでも、投書する意味はあるでしょう。

自分の書いた文が誰かに読まれるというのは重要な経験ですし、それが載って出版されれば、喜びも大きいからです。

こういったことも、考えつつ、文を練ると、だんだんと目的に沿った文が書けるようになります。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

デスクペン

全くの個人的な意見ですが、デスクペンが好きです。

なんというか、デスクの上に鎮座している姿がかっこいい。

それに、わたしはなんだか、こういった「長い」ペンが好きなようです。

とはいえ、こういうペンは本当にデスク上でしか使い物にならないので、実用的かと言われると作業内容による、としかいいようがありません。

最近ではこういうペンの需要が減っているようで、各文具メーカーもあまり力を入れていません。

カッコいいと思うんですけどねぇ。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

投書

新聞や雑誌などに投書するのは楽しいものです。

作家の吉川英治が若い頃に雑誌投稿を楽しんでいたというのを読んだこともあって、なんだか親近感を感じます。

そういうところからプロになる人もいるんですよねえ。

今ではデジタル投稿できるので、大変楽です。

薄謝もあったりするので、一石二鳥ですね。

載るまで毎日投書欄を見たりとか、読む楽しみも増えます。

いかがですか?

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

刃物研ぎ

プロの研ぎ師さんに刃物研ぎをお願いしたことありますか?

わたしはあります。

なかなかそういうつながりはないものだと思っていましたが、つながってみるととても心強いものです。

よく切れる刃物は、刃物の価値観を変えます。

料理をするにしても、工作をするにしても、切れる刃物は必ず素敵な結果を残します。

自分のかかりつけの研ぎ師さんがいるというのは心強いです。

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

演奏のモチベーション

自分が楽器を続けるとき、一番のモチベーションになるのは誰かの素晴らしい演奏を聴くことです。

いい演奏を聴くと、自分も上手くなりたい、そう思えます。

誰かが一生懸命に弾いている姿というのは感動的です。

いい演奏には魔力があります。

それに出会えたら、もうけもんです。

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

つゆ

相変わらず梅雨らしい天気が続いています。

セミも鳴き始め、いよいよ本格的な夏の気配です。

わたしは1年のうちで5月が一番好きなのですが、今年はあっという間に過ぎてしまいました。

6月も同じく、なんだかあっという間です。

梅雨。

フツーに降ってくれ雨よ……。

と思うのですが、それはぜいたくなのでしょうか。

なんだか天候が極端ですよね。

雨が降るのはありがたいのだけれど、そんなに土砂降りじゃなくてもいいじゃないか。

そう思うわけです。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

巨匠

しばらく見ていなかった巨匠の演奏を(YouTubeで)見たのですが、やっぱりすごいですねえ。

貫禄とか演奏技術とかももちろんなのですが、20世紀の巨匠たちは今の時代のトッププレイヤーにないものを持っていると思います。

思い込みでしょうか。

わたしはJ.H氏が大変好きなんですけどね。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »