« 時計 | トップページ | 引き出し »

2017年10月11日 (水)

モモ

わたしが今まで読んだ中で一番印象に残っている小説。
それはぶん、ミヒャエル・エンデの「モモ」です。
これはすごかった。
不思議な物語でした。
最後の方はページをめくる手が震えていました。
そしてページをめくりたくて仕方がなかった。
あまりにも神経がビリビリしたのでもう1回読みたいと思うのですが手に取れません。
それくらいい上手に構成された物語でした。
児童文学ってのは侮っちゃいけません。
あれはすごいんですよ。
子どもにはごまかしなんてお見通しですから。
ごまかさないけれど、小説ってのは虚構を作るものです。
虚構とは一種のごまかしです。
でもそれが説得力のあるものである、それが小説です。
モモはそれを見事に体現したのでした。

|

« 時計 | トップページ | 引き出し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時計 | トップページ | 引き出し »