« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

萬年筆特集 プロフィット4519 スターリングシルバー21 クロスコンコルドエンペラー

萬年筆特集その7。セーラー社へ特注したプロフィット4519 スターリングシルバー21 クロスコンコルドエンペラーです。

当ブログでも最も訪問者が多いのがこのペン関係でした。
このペンはある記念に特注したもので、普段はこの組み合わせの販売はないようです。
最近気づいたのですが、このペンはかなりの早さでペン先が乾燥します。その日書いた量がもろに反映されるのがこの一本です。
普通に書けばEF(極細)裏返すとクロスポイント(極太)という一本で2本の役割を果たしてしまう働き者で、大変便利です。これはもはや萬年筆なのかと色んな意味で考えこんでしまいそうですが、そこはまあ、生暖かい目で見守ってあげてください。
セーラー社の特殊ペン先の名前は一見ややこしいですが、法則性があるので覚えてしまえばどんなものなのかすぐに理解できます。
クロスポイントと言うのは、ペン先の上にもう一枚ペン先を重ねることで、ペンポイントが十字状になっていることを意味します。これは単に太字にするだけでなく、左右へのねじった持ち方への対応策でもあるのです。
コンコルドとは、ペン先を前屈させた形状のことで、ヒコーキのコンコルドにヒントを得たことから名付けられたと聞いています。コンコルド状に加工されたペン先はひっくり返して書くことで極太と極細の二種類の筆記線を一気に可能にしています。
エンペラーは、特殊ペン先全てに言えることで、ペン先の上に乗っかている板みたいなヤツのことです。つまり、クロスコンコルドのペン先に板を乗っけたものがクロスコンコルドエンペラーで、例えば長刀(なぎなた)ペン先に板(エンペラー)を乗っければ長刀エンペラーの完成です。

Dsc_0014

Dsc_0015

Dsc_0017

皆様、今年もお疲れ様でした。
萬年筆特集を楽しんでいただけたでしょうか。萬年筆が好きな人が増えるといいと思っています。
何もお金をかければいいわけではないのです。1本あればじゅうぶんです(お前が言うか)。自分の好きな「相棒」を探してみてください。
質問はお気楽にどうぞ。そして、良いお年を!
Automatic translation
Fountain pen feature the 7. Is a professional fit 4519 Sterling Silver 21 cross Concorde Emperor was custom-made to Sailor Corporation.

The most visitors is greater in this blog was this pen relationship.

This pen as it was custom-made to a certain memorial, does not seem to be the sale of this combination is usually.

And I noticed recently, this pen will pen tip is dried in a pretty fast. This is the one that the day wrote amount is reflected Moroni.

If you write normally when flipped EF (extremely fine) in the workhorse that would play two roles in one of the cross-point (thick), it is very convenient. Although this is no longer seem to get crowded thought in many ways and whether it is a thousand year brush, there Well, please give watched in lukewarm eye.

The name of the sailor's special nib is seemingly confusing, but you can understand what such whether immediately once you remember because there is a law of.

To say the cross point, it is possible to overlap the other one pen tip on top of the pen tip, it means that the pen point is in the shape of a cross. This is simply not only bold, there I also in the corresponding measures to twisted way to hold on to the left and right.

Concorde and is, by the shape that was buckled before the pen tip, and I have heard that it was named from the fact that it was inspired by the Concorde of airplane. Nib is processed in Concord shape has at once allows two kinds of writing lines of thick and ultra-fine by writing and turned over.

Emperor is, it is possible to say a special nib all, is that of the plate like a guy that knocker on top of the pen tip. In other words, cross Concorde Emperor those ride to the plate in the nib of cross Concorde, is the completion of the Naginata Emperor for example Naginata (Naginata) If put the pen tip to the plate (Emperor).

続きを読む "萬年筆特集 プロフィット4519 スターリングシルバー21 クロスコンコルドエンペラー"

| | コメント (0)

2014年12月29日 (月)

今日の庭

メジロがやって来ました。冬ですね。

Dsc_0056_r

かわいらしい鳴き声です。

Dsc_0057_r

Dsc_0118_r

Dsc_0115_r

Dsc_0181_r

| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)

メジロ

庭に来ました。

季節ですねぇ。

Dsc_0025_r

これが、まあ良かったかという一枚です。

その他、ちょっとピンぼけ↓

Dsc_0023_r

Dsc_0024_r

Dsc_0026_r

Dsc_0027_r

逆光ながら、

Dsc_0044_r

| | コメント (2)

2014年12月27日 (土)

萬年筆特集 カスタム823 ブラックスモーク パイロット

萬年筆特集その6。パイロット社のカスタム823ブラックスモーク中字です。

プランジャー機構というややこしい吸入方式ですが、安定感の高い一本です。ヒコーキに乗っても大丈夫と、読んだことがある気もします。尾栓をねじることでインクの供給をコントロールするから、とまあ多分その通りです。となると、スリップシール機構のような密閉機構搭載のプラチナの萬年筆も、ヒコーキが大丈夫ということでしょうか?
基本的に、ヒコーキに乗るときの萬年筆の鉄則は、インクを抜いておく、か、満タンにしておく、のどちらかです。なんでこんなに極端かというと、理由は単純です。
まず、空なら漏れるインクがない。
満タンなら、ペンの内部には空気が(ほぼ)入っていないので、気圧差の影響を受けない。
とまあ、こんな理由なのです。
プランジャー機構はどんなに頑張っても吸入できるのはペンの7割くらいですが、これは故障ではないので心配いりません。
わたしはこのペンに他社メーカーのインクを入れたことがあり、カスタム823においてはぜひ純正のインクの使用をおすすめします。他社製のものはピストンの動作が硬くなるからです。パイロット社のインクはサラサラなことで有名ですが、ちゃんと理由があるんですよね。

Dsc_0022

Dsc_0023

Dsc_0024

Dsc_0028

質問はお気楽にどうぞ。

 

 

Automatic translation

A fountain pen special story, its 6. A letter in the Custom 823 black smoke of Pilot company.

It's a complex inhalation system as a plunger organization, but it's high one of sense of stability. Even if I get on airplane, I also think it has been read as safeness. Because supply of ink is controlled by twisting a tail cap, oh, probably, that's right. When it'll be, is it said that airplane is also OK fountain pen of platinum of shutting tightly organization loading like slip sealing mechanism?

Inviolable rule of Mannen brush when getting on airplane basically, removes ink. Or I fill it up one of be. When I say whether it's extreme, why is the reason so simple?

First if it's empty, there is no ink which leaks.

If it's fill up the tank, air isn't inside the pen (mostly), so I don't undergo influence of the air pressure difference.

Oh, such reason.

It's about 70 percent of the pen how can that a plunger organization inhale even if I exert myself, but this isn't a breakdown, so worry isn't necessary.

Since having put ink of an other company manufacturer in this pen and putting it in custom 823, I'll recommend you use of pure ink by all means. Something made by other company is because movement of a piston becomes stiff. The ink of pilot company is famous for being Sara Sara but well-founded perfectly, isn't it?

| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

萬年筆特集 スーベレーン805 ペリカン

萬年筆特集その5。ペリカン社(ドイツ)のスーベレーン805細字です。

このペンは本当にいろんなことがありました。ここには書けないですけど。王道中の王道。これ一本持っていればどこへ行っても通用するでしょう。なにか、改まった文を書こうとすると、自然に手が伸びる一本です。さすがですね。
これはブルー縞と呼ばれています。わたしはこれが最初どう読むのかわからず、困りました。素直にブルーストライプと書いているところもあれば、青縞と表記してあるところもあり、こんがらがりますよね。どう読んでも正解でしょう。

Dsc_0019

 

Dsc_0020

 

Dsc_0021

 

質問はお気楽にどうぞ。

Automatic tranlation

A fountain pen special story, its 5. Souberan 805 F-nib of Pelikan company (Germany).

There were really various things for this pen. It can't be written here. Righteous government in the righteous government. Wherever I go when a of this lasts, it would be in common use. When I try to write some improved sentences, it's one pursued naturally. It's indeed, isn't it?

This is called a blue stripe. I don't know how this reads at first, and that would be a problem. When there is also a place where you're writing blue stripes obediently, a blue stripe and a transcribed place also are here and are complicated. How is it, even if it's read, it'll be a correct answer.

 

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

ついにはりました。

寒さにおののいています。

Dsc_0054_r

Dsc_0055_r

Dsc_0060_r

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

ふたご座流星群2014

撮影にチャレンジしました。

結果……

1_r

2_r

12_r

_r

結果、一個も写りませんでした。

残念。

流れ星は暗いので、とても撮影が難しいのです。しかも運が占める割合も大きくて。

18ミリのレンズで広角撮影したのですが、写りませんでした。

わたしの肉眼では3個見えました。

どれも速かったですね。小さかったようにも思います。

それに、寒かったです。

星を観察するときはぜひ、暖かい格好で!

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

萬年筆特集 3776センチュリー SF プラチナ

萬年筆特集その4。プラチナ萬年筆の3776センチュリー細軟です。

このペンには最初カーボンブラックを入れて使っていました。なので、使用した回数がまだ少ないです。途中でカーボンという性質が嫌になり、普通のブラックを入れて使っています。ただ、カーボンは恐ろしい威力で、どうやらニブの裏側にまだこびりついている部分があるように思います。筆記には影響ありません。
同社から出ているインククリーナーキットを使えば綺麗さっぱり流れるでしょうが、面倒でまだ購入には至っていないのが現状です(筆記には影響ないので)
カーボンインクで使用頻度が少ないのは危ないのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、このペンはスリップシール機構というペン先の密閉機構を持っているので、大丈夫です。

Dsc_0011

Dsc_0012

質問はお気楽にどうぞ。

Automatic translation

A fountain pen special story, its 4. 3776 century SF-nib of a Platinum company.

It was used for this pen including a carbon black at first. So there isn't much used number of times yet. It's used in the way including Black with the to be disagreeably and to be ordinary nature as the carbon. I think carbon is fearful power, and the part where I still stick is probably in the back of nib. It doesn't influence a note.

When using the ink cleaner kit from the said company, beautifulness would flow entirely, but it's the current state that I don't come to purchase yet troublesomely (It doesn't influence a note, so.)

When is it dangerous that there are few use frequencies by carbon ink? The person who seemed may be here, too, but this pen has a shutting tightly organization of a penpoint as slip sealing mechanism, so it's OK.

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

今日の庭

Dsc_0017_r

Dsc_0019_r

Dsc_0033_r

Dsc_0051_r

Dsc_0056_r

Dsc_0090_r

オキザリス

金のなる木

ぬるっぱ

枯れ枝

プランター

芝刈りバサミ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

今日の庭

Dsc_0033_r

Dsc_0036_r

Dsc_0050_r

Dsc_0065_r

Dsc_0071_r

Dsc_0074_r_2

上から、

ラベンダー

電線

火鉢

忘れた

アロエ

プチビオトープ

です。

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

萬年筆特集 梅松 中字

萬年筆特集その3。プラチナ万年筆の蒔絵萬年筆梅松です。字幅は中字、表記が漢字なので旧タイプということでしょうか。

というより、梅松はもはやカタログには載っていないようで、廃盤になってしまったのかもしれません。
このペンはとても好きなのですが、名前が好きではないのです。「ばいしょう」という名前だけに、あまりサインの時などには使いたくない響きだと思いませんか?その辺は惜しいです。

Dsc_0008

Dsc_0009

Dsc_00102

質問はお気軽にどうぞ。

Automatic translation

A fountain pen special story, its 3. Lacquer work fountain pen Baisho of a platinum fountain pen. A medium letter and transcription are a kanji, so is the character width said to be the old kind?

Baisho no longer seems to be on a catalog more than he says so, and it may be the one it has been in a discontinuation.

I like this pen very much, I don't like the name. Don't you think the ring you don't want to use for only the name as "when, costume" at a signature so much? The neighborhood is valuable.

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

替芯

これがなんだか分かりますか?

わかった人は相当の通ですね。もっとも、題名からわかっちゃったかもしれませんが、答えは……。

Dsc_0007_r

芯ホルダーの替芯(三菱製)の落下防止部品。

でした。分かりました?色が違うのは芯の硬度が違うためです。

Dsc_0018_r

といっても、わからない方のほうが大多数でしょう。そこの説明は、他のウェブサイトにお任せします。

今回、2ケース購入して、以前から持っていたものの分も一気に引っこ抜いてしまいました。三菱以外の芯ホルダーにこれをつけたまま装填すると、中で詰まってしまい抜けなくなるからです。

買った芯は2Bと4B。まだ試し書き程度しかしていないのですが、楽しみですね。

わたしの筆記具好きの原点はシャープペンシルなのですが、今では使いません。もっぱら、鉛筆、万年筆、芯ホルダーですね。

製図用シャープペンにハマって、同級生に

「筆記具なんて書けりゃいいじゃん。お金かけるなんてアホらしー」

と言われたのが今では懐かしいですが、筆記具はロマンだからいいのです(たぶん)。



| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »