« 今日の庭 | トップページ | ふたご座流星群2014 »

2014年12月13日 (土)

萬年筆特集 3776センチュリー SF プラチナ

萬年筆特集その4。プラチナ萬年筆の3776センチュリー細軟です。

このペンには最初カーボンブラックを入れて使っていました。なので、使用した回数がまだ少ないです。途中でカーボンという性質が嫌になり、普通のブラックを入れて使っています。ただ、カーボンは恐ろしい威力で、どうやらニブの裏側にまだこびりついている部分があるように思います。筆記には影響ありません。
同社から出ているインククリーナーキットを使えば綺麗さっぱり流れるでしょうが、面倒でまだ購入には至っていないのが現状です(筆記には影響ないので)
カーボンインクで使用頻度が少ないのは危ないのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、このペンはスリップシール機構というペン先の密閉機構を持っているので、大丈夫です。

Dsc_0011

Dsc_0012

質問はお気楽にどうぞ。

Automatic translation

A fountain pen special story, its 4. 3776 century SF-nib of a Platinum company.

It was used for this pen including a carbon black at first. So there isn't much used number of times yet. It's used in the way including Black with the to be disagreeably and to be ordinary nature as the carbon. I think carbon is fearful power, and the part where I still stick is probably in the back of nib. It doesn't influence a note.

When using the ink cleaner kit from the said company, beautifulness would flow entirely, but it's the current state that I don't come to purchase yet troublesomely (It doesn't influence a note, so.)

When is it dangerous that there are few use frequencies by carbon ink? The person who seemed may be here, too, but this pen has a shutting tightly organization of a penpoint as slip sealing mechanism, so it's OK.

|

« 今日の庭 | トップページ | ふたご座流星群2014 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の庭 | トップページ | ふたご座流星群2014 »