« 萬年筆特集 ミュー90 パイロット | トップページ | 替芯 »

2014年11月30日 (日)

萬年筆特集 カスタム74 ミュージック

萬年筆特集その2。 パイロットの超定番萬年筆カスタム74の、あまり定番ではないミュージックニブです。

Dsc_0006

Dsc_0007

中央に段差がありますが、紙に当てると一直線になるので、筆記には影響ありません。

ペンドクターによれば、ミュージックというニブは調整が難しく、またばらつきも大きいそうです。これは割といい個体だと言われました。

極太がかけるので気に入っています。

買ってみてから、買わなきゃよかったかなとか思ったこともありましたが、買ってよかったと今では思っています。使うのにちょっと工夫が必要なペンかもしれません。

質問はお気軽にどうぞ。

Automatic translation

A fountain pen special story, its 2.Music-nib where Pilot's super-basic fountain pen Custom 74 isn't a basic so much.
There is a step in the center, but when I hit paper, it becomes straight, so it doesn't influence a note.

An adjustment is difficult for nib as music according to a pen doctor also it's said that the looseness is also big. If I was a good individual so often, this was called.

Extra boldness is lacked, so it's liked.

If not buying it, I had thought of the good Japanese syllabary after it was bought but I think it might be bought in now. It may be the pen to which a device is slightly necessary to use it.

|

« 萬年筆特集 ミュー90 パイロット | トップページ | 替芯 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萬年筆特集 ミュー90 パイロット | トップページ | 替芯 »