« 書くということについて | トップページ | 書くことについて2 »

2013年2月26日 (火)

つけペンで

今、一番使ってるペン。

そうですね。ズバリそれはつけペンです。

はい。インクツボにちょんってペン先をつけるやつです。

具体的にいうと、タチカワという会社のコミック用のペンです。これらは、今の時代、本来の用途としてはコミック、つまり漫画などの描画に使われるものなのでしょう。

しかし、私はこのつけペンが好きです。なぜなら、安価で、それでいて表現力がすさまじいからです。

万年筆は、今でも大好きです。しかしながら、万年筆は堂々としすぎています。悪く言えば、威圧感を持たれかねないのです。外出先で万年筆を持っていて、果たして使うのかといわれると、実のところ使いません。

それに、私は何より大切な道具が壊れてしまうのが怖い。といった理由で、外出には主にフィッシャーやただの鉛筆がお供しています。

つけペンでどんなインクを使っているのか。

私は主にカーボンを使っています。要するに墨汁です。これなら絶対水にも大丈夫です。速乾性がないんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、書道用のものはなかなかに高性能で、よく乾きます。また独特の光沢感があっていいですよ。

また、つけペンは掃除も楽なので、カラーインクも使っています。私が好きなのは色しずくの山葡萄です。ボルドーといった感じの色ですが、気に入っています。赤系ではパイロットの赤もあるのですが、これは本当に真っ赤なので、見たときにぎょっとしてしまいます。ぎょっとする必要があるメッセージにはピッタリかもしれません・・・。

ペン軸は、同じくタチカワのフリーサイズペン軸です。細軸を2本とラバーグリップ付きのものを1本使っています。ペン先はそれぞれGペン、丸ペン、日本字ペンです。

このラバーグリップ付きのもの、なかなかに見つからなかったんです。文具屋を巡ったものの、見つからず・・・。当てもなく本屋の文具コーナーに行ったら置いてあったんです。妙なところに妙なものがあったものです。

Gペンはフォルカン、丸ペンはXEF、日本字ペンはウェーバリーですね。例えるなら。

とまあ、こんな具合で最近の手書きライフを送っています。

これで書いたペン画も載せてみましょう。

2222

火消しツボとインクツボ(プラチナ社)ですね。

力量不足は否めません。

ただ、私の場合はペン画ですので、インクの線で描くのが主目的です。絵の具は補助的な役割のはずですが、絵の具に助けられることも多々あります。

つけペンはいいですよ~。

|

« 書くということについて | トップページ | 書くことについて2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいじゃないか、手書きライフ! (o^-^o)
こちとら、職場で恥をかき、
乾燥肌ゆえに、背中を掻いている。

投稿: ひでちゃん | 2013年2月26日 (火) 23時23分

アカーン!!

投稿: かいわれ | 2013年2月27日 (水) 10時01分

モノトーンのインクツボ、
ガラス質が伝わってくる。
それに、火消しツボの色合い、
いやいや、力不足なんて…。
味わいがあるなぁ。 (o^-^o)

投稿: ひでちゃん | 2013年2月27日 (水) 12時35分

アザーッス!!

投稿: かいわれ | 2013年2月28日 (木) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書くということについて | トップページ | 書くことについて2 »