« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

書くことについて2

先日、パソコンにて全力を出す。といったワタクシですが、言ってからというもの、何かと手書き原稿が目につくのです。スクリーンセーバーが、これでもかと、マイピクチャのスキャン画像を出しやがるんです・・・。

改めて、手書きの原稿を読み直してみました。

今と比べると、なんて新鮮なんだろうって、驚いたんです。

やっぱり手書きはいい。自分は怠けていたのではないかと書いたのですが、実はそんなことを言っている今の自分が驕っているのだと、気付いたのでした。

書きます。これからも。

| | コメント (1)

2013年2月26日 (火)

つけペンで

今、一番使ってるペン。

そうですね。ズバリそれはつけペンです。

はい。インクツボにちょんってペン先をつけるやつです。

具体的にいうと、タチカワという会社のコミック用のペンです。これらは、今の時代、本来の用途としてはコミック、つまり漫画などの描画に使われるものなのでしょう。

しかし、私はこのつけペンが好きです。なぜなら、安価で、それでいて表現力がすさまじいからです。

万年筆は、今でも大好きです。しかしながら、万年筆は堂々としすぎています。悪く言えば、威圧感を持たれかねないのです。外出先で万年筆を持っていて、果たして使うのかといわれると、実のところ使いません。

それに、私は何より大切な道具が壊れてしまうのが怖い。といった理由で、外出には主にフィッシャーやただの鉛筆がお供しています。

つけペンでどんなインクを使っているのか。

私は主にカーボンを使っています。要するに墨汁です。これなら絶対水にも大丈夫です。速乾性がないんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、書道用のものはなかなかに高性能で、よく乾きます。また独特の光沢感があっていいですよ。

また、つけペンは掃除も楽なので、カラーインクも使っています。私が好きなのは色しずくの山葡萄です。ボルドーといった感じの色ですが、気に入っています。赤系ではパイロットの赤もあるのですが、これは本当に真っ赤なので、見たときにぎょっとしてしまいます。ぎょっとする必要があるメッセージにはピッタリかもしれません・・・。

ペン軸は、同じくタチカワのフリーサイズペン軸です。細軸を2本とラバーグリップ付きのものを1本使っています。ペン先はそれぞれGペン、丸ペン、日本字ペンです。

このラバーグリップ付きのもの、なかなかに見つからなかったんです。文具屋を巡ったものの、見つからず・・・。当てもなく本屋の文具コーナーに行ったら置いてあったんです。妙なところに妙なものがあったものです。

Gペンはフォルカン、丸ペンはXEF、日本字ペンはウェーバリーですね。例えるなら。

とまあ、こんな具合で最近の手書きライフを送っています。

これで書いたペン画も載せてみましょう。

2222

火消しツボとインクツボ(プラチナ社)ですね。

力量不足は否めません。

ただ、私の場合はペン画ですので、インクの線で描くのが主目的です。絵の具は補助的な役割のはずですが、絵の具に助けられることも多々あります。

つけペンはいいですよ~。

| | コメント (4)

2013年2月25日 (月)

書くということについて

 書くということ。私は、それについて最近ずっと考えていました。

 以前、このブログでの試みで、原稿用紙をスキャンして載っけるということにチャレンジしていました。でもそれは、確かに下書き推敲なしで頑張ってはいたのですが、どうも好ましくないと思えてきたのです。手書きということに甘えていたのではないか。人に見せる文なら、しっかり推敲をして、作品として送り出せる文章でなければ意味は半減するのではないか。

 そう感じるようになったのです。

 私が尊敬するバイオリニストがいます。その人は、演奏の腕も超一流ですが、書く文章、描く絵がぶっちぎりでおもしろいのです。

 どうやら私は、手書き至上主義ともいえることにこだわりすぎて、かくことの楽しさや責任というものを見逃しているような気がします。

 パソコン全盛の時代、もっと肩の力を抜いて、かくことを楽しもうじゃないか。

 そう、思うのです。

 だからこれからは、パソコンの性能をフルに生かした文章に力を注ぎたいと思います。まさに、文章に心を込めて。

 ということで。なんだか堅苦しい文章になってしまいましたが、これからもこのブログをどうぞよろしくお願いいたします・・・。

Dsc_00702

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

失礼!

ヒヨドリを狙っていたら、こんな1枚が撮れました。

Dsc_00982

う○こした0.5秒くらい後ですね。

鳥も踏ん張るのだということがわかりました。

もう1枚。

Dsc_01292

こちらはメジロが飛び去る瞬間。

速いですね~。

鳥の動きは予測できませんから。手前のピントの合っている枝から飛び立った1枚です。

メジロはきれいですね。鳴き声もかわいらしいです。

次はウグイスでしょうか?

| | コメント (2)

2013年2月 8日 (金)

3776 センチュリー 細軟

Dsc_00032_4

タイトルの通りです。

なかなかいい描線を出してくれますよ。

| | コメント (3)

2013年2月 4日 (月)

オリオン座

オリオン座の写真です。

Dsc_01782

きれいですね。

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »