« 葉加瀬さんは古典に成りうるか | トップページ | 歓びを知っている喜び »

2011年3月 1日 (火)

日記的エッセイ~散髪~

11021513twain

|

« 葉加瀬さんは古典に成りうるか | トップページ | 歓びを知っている喜び »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

わたしは床屋派。
頭の形、髪の毛の質など十人十色で、何十年やっていても、飽きないと聞いたことがある。
「お前は絶壁だし(後頭部に丸みがない。)、髪の毛は好き勝手な方向に生えているし。」と言われる。
散髪代金を払うのに、どうして文句を言うのか。腕を磨かせてあげてるのに。 

投稿: ひでちゃん | 2011年3月 1日 (火) 22時28分

なんともコメントの返しようが無いコメントですね・・・。
そうですか。としか言いようがないですね。
Good luck!

投稿: 管理人 | 2011年3月 2日 (水) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葉加瀬さんは古典に成りうるか | トップページ | 歓びを知っている喜び »