« 語学。なんで第二言語? | トップページ | 過去とは。全ての大人たちへ »

2011年2月11日 (金)

焦ってるヴァイオリン弾き

11012812twain

|

« 語学。なんで第二言語? | トップページ | 過去とは。全ての大人たちへ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

さらう(復習う)なんて
憎いね、この 

昔々、英和辞典を良く引いた
手垢で辞書の上が真黒になった
深い音ってこういう感覚? 

投稿: ひでちゃん | 2011年2月11日 (金) 23時33分

辞書と同じかはなんとも言えません。
大抵のものは、使うと劣化するのに対し、
ヴァイオリンと万年筆は、使い込むほど
味が出てきます。
特にヴァイオリンは、完成するのは200~300年後
ですから、まだまだひよっこなのです。
もちろん人間はそんなに生きていられないので、
演奏者からまた次の演奏者へ。渡りわたってゆく
のがヴァイオリンという楽器です。

投稿: 管理人 | 2011年2月12日 (土) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 語学。なんで第二言語? | トップページ | 過去とは。全ての大人たちへ »