« 消えない、夏の日 | トップページ | 万年筆② »

2010年9月 7日 (火)

隣の芝

10083109twain

|

« 消えない、夏の日 | トップページ | 万年筆② »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

自慢したくなることはありませんか。

ペンはたくさん持てても、使うときはペンは1本、
ケースも然り。それは数あるペンのその日の代表。
その日の気分で変えるのもいいかも。
たくさんの中の1本が、ほかのみんなの代表ってこと?

ペンを持つことで得る安心感、
これは、IDENTITYそのもの。

投稿: ひでちゃん | 2010年9月 7日 (火) 21時13分

そうですね。自慢したくても相手は文具屋のおじ様ばっかりですね。
同年代に「このペンはこんな価値があるんだぜ!」っていっても
「ふーん・・・」
ぐは。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
まあ、そのうち仲間(ペンの話が通じる)ができるんじゃないでしょうか。

そうですね。気分的には、千手観音になりたいです。フフフ( ̄▽ ̄)

投稿: 管理人 | 2010年9月 8日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消えない、夏の日 | トップページ | 万年筆② »